佐藤秀峰とフランツ・カフカ

 

 最近ずっと、佐藤秀峰の漫画にハマっている。

 

 彼の書く漫画は、10年以上前に「ブラックジャックによろしく」で知り、それからずっとそれを読み返したりして好きだった。

 

 はっきり言うと、彼の書く漫画はとてつもなく重いのだけれど、その重さがまた好きだった。

 

 海猿も、そして先ほど読み終わった特攻の島も、激烈に重い。

 

 とくに特攻の島は太平洋戦争を題材にしているので、読んでいて辛くなるところもあった。

 

 しかしそれでも、読んで考えさせられてしまうところがあるのが、佐藤秀峰の漫画だ。

 

  彼の漫画は人の生死を扱うから重くなるんだろうけど、その前後の背景の描写が徹底しているからこそ読み応えがあり、またそうであるからこそ、漫画に重さがのしかかってくるのだろう

 

 人によっては「重すぎてヤダ」というみたいだけれど、僕は彼の漫画は何か突き刺さるものがあるから、好きだ。

 

 フランツ・カフカが友人に宛てた手紙に、こんな一節がある。

 

僕は、自分を噛んだり刺したりするようは本だけを、読むべきではないかと 思っている。

(中略)

本とは、僕らの内なる氷結した海を砕く斧、でなければならない。

 

 僕はこの言葉が大好きで、これを信条としているところがある。

 

 その点佐藤秀峰の漫画は完全に「斧」ともいえる。

 

 ただ面白いだけじゃない。ただ感動させるだけじゃない。

 

 そんな本に、いや本に限らず、映像、芸術作品、場所、ましてや人物に出逢うことこそが、生きていく上での醍醐味ともいえるかもしれない───────────