目線の配り方

 

 

瞳 完全版 DVD-BOX I

(※写真と本文は特に関係ありません。)


昨日は「叱ること」について書いたが、今日は目線の配り方について書きたい。

 

人前で話すとき、特に30人以上の前で話すとき、目線の配り方が難しいとずっと思っている。

 

100人以上を前にするのであれば、前を向いて話せばいいだろうけれど、30人くらいのキャパで、一人一人の顔がはっきり認識できるときは、どうもまだ目線の配り方に悩むところがある。

 

 ずっと前方を向いて話すのも、なんだか彼彼女らに届かない様な気がするし、彼彼女らと目を合わせることにまずならないので、聞いている彼彼女らは

「見てくれてないのかなぁ…?」

と、不安になるかもしれない。

 

 かといって、一人一人を見ようと目線を配ると「キョロキョロ」してしまう様な形となり、落ち着きがなくなりそうで、彼彼女らから、

「なんか、落ち着きがなさそうで、大丈夫なのかなぁ、この人…」

 と、思われる恐れがある。

 

ある本には「Zを描く様に」と書いてあった。

 

 聴衆一人一人ををみる、のではなく、眺める様な形で、Zを描くように見るといいとのことだ。

 

 他の本には、自分が喋ることの、ワンセンテンスごとに、見る方向を変える、と書いてあった。

 

 何が正解かはわからないけれど、明日からどんどん実践していこう。