信頼と不信についての一考察

 

今日、ある生徒に、

 

アルテマ(このブログの筆者)先生が1番いいよ!」

 

 と言われた。

 

 このようなことを生徒から言われたことは初めてだったので、とても嬉しく、つい目頭が熱くなった(涙もろいですね)。

 

 生徒から好評価の言葉は、数える程だが言われたことはあったが、このような形で最上級で言われたのはとても、とても、とても嬉しい。

 

 仕事の「やり甲斐」というものがある。

 

 ただ、今はある生徒からは逆に不信感を覚えられている。

 

 それは当然自分に責任があるのだが、それはあることを質問された際に「ごまかし」てしまったからだ。

 

 尊敬する竹岡広信先生が、茂木健一郎氏に

「教育において1番大切なことはなんですか?」

と聞かれた際、

「誤魔化さないこと。」

と答えていた。

プロフェッショナル 仕事の流儀 英語講師 竹岡広信の仕事 “なにくそ!”負けたらあかん [DVD]

 

 私は「ごまかし」てしまった。

 いや、参りましたよ竹岡先生、ごめんなさい、先生のおっしゃる通りですよ。ごまかしたら生徒から見くびられますね。自分、本当に甘かったと思ってます。

 

 相手を「子供」と思ったらいけないんですわね。相手を「下」に見たらこっちが「下」に見られるってことですよね。

 

 そこに教育の難しさと面白さがあるんじゃないでしょうかね。