反骨の人

 

やっぱりさ、「この野郎!」という気持ちがないと、嫌なことを乗り越えられないよね。