転職の相談をされた。

 

妹から転職の相談を受けた。

 

彼女は社会人2年目だ。

 

そういえば私もその時、真剣に考えていたなぁ。。。

 

 ただ、考えるだけで終わって、行動には移さなかった。

 

 それが、結果として行動に移さざるを得ない状況になるなんて、当時は思いもしなかったけれど。

 

 ともあれ、自分は転職経験者なので、喜んで妹の相談に乗った。

 

 電話で1時間話した。

 

 やはり女性特有というか、考えがあまりまとまっていなく、話があっちゃこっちゃにいったりと、ふわふわしていた。

 

 まぁでも私自身もそういうところがある典型的なB型人間なので人のことを言えないのだが、

「まずは何を1番優先順位のトップに置くか? 何が1番譲れないところか?」

 という話をしつつ、

 「プロ(転職エージェント)3人と、非プロ(信頼できる友人)2人の、最低5人にはじっくり相談して、自分の中のごちゃごちゃしたものを整理して、その上でプロからの提案について自分で考えて決めた方がいい」

という話をした。

 

 僕自身はほとんどプロを使わなかった。というのも自分の中で道ははっきりしていて、企業の見るべき点(営業利益率、離職率、社員の口コミなどなど)を見ていたからである。

 

 それでも、セレンディピティ(思いがけぬ出会い)という点で、使えばよかったかなぁ〜…と、思ってもいる。無料だし。

 

 まぁでも現状の職場については、あらゆる点においても満足しているので、結果オーライだ。

 

 ともあれ、血を分けた妹の人生がかかった決断、応援したい。